講座のご案内

4年生対象講座

中学受験準備講座算数(通年全40回)

毎週土曜日 13:30~15:00

進学教室アシストのオリジナルカリキュラムで指導いたします。
受験に必要な基礎事項を6週サイクルの単元学習で指導を行います。
また、「自分の頭で考える習慣」を身につけるために、演習の時間と解説の時間を分離させず
に常にクラスに参加している全員で考える授業を行います。その中で、「自分だけのペースですすめるのではなく、先生やまわりの人の話を聞く」「しっかり読み、手を動かす」といったトレーニングを行っていきます。
高学年(5年生以降)になったときに、大手進学塾でのカリキュラムにも十分対応できる内容となっております。
5年生以降も引き続き、進学教室アシストのみでお通いいただく場合は、5年生以降は本科講座、他塾と併用する場合は併用性向け講座を受講することが可能です。

_

SAPIX生対象 本質の理解と定着演習

SAPIXでの4年生の学習は、文章題(含む特殊算)や図形など中学受験算数の土台となる基本事項を徹底した数値換え問題による反復学習が中心となります。

その反復学習を行っていく中で本質や概念を身につけられることができることが理想です。しかし、数値が異なる問題の繰り返しになるので理解がないまま機械的に解き進めた学習になり、頭を使わないで解く習慣がついてしまうケースもあります。

頭を使わないで解く習慣を持ってしまった子は、5年生以降、問題文をよく読み、手を動かし頭を使って解かなければいけないレベルになったとき対応できなくなる危険性があります。

そこで、本講座では、SAPIXの4年生カリキュラムに連動した形で、重要な単元の本質理解に重点を置き、指導を進めてまいります。

前期は全8回、後期は全9回となっておりますが、回次ごとの受講も可能です。

開講日程・時程につきましては、直接お問い合わせください。
 

_

春期テーマ別講座「わり算の意味と周期」

3/24(火)~3/25(水) 13:50~15:00

「わり算の意味」をしっかりと理解する学習を行います。
わり算には、「等分する(等分除)」「いくつ分(包含除)」の2つ意味があります。
これをしっかり理解していないと、文章題において計算して出てきた商が何を表 し、あまりが何を表すのかがわからなくなってしまったり、あまりを出す計算を  割りきってしまったりという事態が起きてしまいます。
わり算は計算のひとつですが、問題文によって、同じ式でも考え方が異なります。そこで、本講座では、わり算の意味を具体例を用いて、理解し、受験算数においての土台である「周期」を活用する問題の基礎を2日間で実施いたします。

_
ページのトップへ