講座のご案内

6年生対象講座

本科講座算数(通年全40回)

毎週日曜日 9:00~10:40

進学教室アシストのオリジナルカリキュラムで指導いたします。
前期は領域ごとの学習、後期は受験に向けての実戦力を高める学習を行います。

※ 2017年度は他講座の関係上、開講しておりません。

_

分野別弱点補強講座(本科演習講座)

毎週木曜日 19:40~21:20

前期は5年生までに学習した内容の基本からの確認とその反復演習を行います。後期は、受験に向けた時間配分のとり方や解く問題の優先順位のつけ方などを実際の入試問題を使い得点力を上げる指導を行います。前期は他塾との併用も可能な講座(弱点分野だけを受講することも可能)です。後期は過去問個別指導(日程などは8月頃お知らせ)を単発で受講することをお勧めします

_

SAPIX生対象フォローアップ講座算数

毎週金曜日 17:00~18:40

6年生を迎えると、単元学習から領域学習へと移行し、さらに土曜日の土特も始まることにより、1週間での学習内容の幅が広がり、すべての問題に対して重点を置くことが難しくなってきます。その取捨選択も念頭に置きつつ、SAPIXのベースである平日のB授業の内容がきちんと理解し正しく解けるようになるような指導を、ただ演習解説を行うのではなく、本質をきちんと確認するゼミ形式で授業を進めていきます。
尚、後期は、SS特訓のフォローに比重をかけつつ、平常授業での総合学習のフォローを行ってまいります。

こんなお子さまにオススメ
・復習テストやマンスリーなど範囲のあるテストでは得点できるが、組分けテストやSAPIXオープンなどの範囲のないテストになると得点できなくなる。
・難しい問題になると、考え方の理解ではなく、答えの求め方の暗記型学習になってしまう。

_

夏期テーマ別講座

今夏、通年講座としての講座以外に、弱点分野を補強する、または入試に直結する難度の高い内容を解ききるポイントの身につける講座を全4講座(各2日間)設定いたします。

詳細内容及び日程はコチラをクリックしてください。

受験予定校や現状の学力によって必要性の有無が異なってまいりますので、お申し込み前に、ご相談ください。

 

 

_

過去問個別指導

1コマ90分+α 

9月以降、単発で受講できる個別講座です。

算数においての過去問学習の難しさは、解き終わったあとの解き直しにあたり、できなければいけない問題とそうでない問題の判別です。

入試問題ですので、満点をとる必要はありません。もちろん高得点をとれればそれだけ優位にはなりますが、実際には合格者でもほとんどの子どもたちが正解できていない問題も含まれています。その問題に対し、長い時間をかけて解き直しをするのは効率的でないと考えます。

その時間をできなければいけない問題にしっかりと時間をかけるべきです。

とはいえ、市販の過去問題集には模試にあるような正答率は記載されていません。

したがって、その判別や取捨選択方法の指導はプロでないとできません。

また、出題形式や総設問数も学校によって異なるため、その問題に合わせた時間配分・優先順位のつけ方も重要になってきます。

そこで、進学教室アシストでは、お子さまひとりひとりの状況に合わせ、問題の取捨選択方法や時間配分・優先順位のつけ方の指導に加え、過去問演習によって発見された弱点部分の補強を行ってまいります。

指導枠につきましては、8月以降、前月20日頃に本公式サイトにて公開してまいります。

お申し込みにつきましては、お電話、FAXまたはお申し込みフォームから承ります。

お問い合わせにつきましては、お電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください

また、これまで進学教室アシストで受講されたことのないお子さまは、事前にお子さま含めた面談(学習相談)を実施させていただいた上での受講となります。

 

_

春期テーマ別講座「立体の切断の基礎」

4月5日(水) 13:30~15:10

立体図形の切断を伴う問題は、どのように切断されるのかが理解しにくいため、定着までに時間がかかる問題です。また、イメージを持たせようとしてご家庭でいろいろな方法で切り口の様子を見せて理解させようとする話を毎年耳にします。
もちろんイメージを持たせることは大切ですが、最終的には紙の上での問題に相対していかなければなりません。
そこで、本講座では、立体の切断のルールとポイントをゆっくり丁寧に説明し た上で、「基本的な立体を切断するときの切り口の線の引き方」や「切断した立体の体積の効率の良い求め方」を中心に指導してまいります。さらに、「立体の切断に関する問題」は「水の入った容器を傾ける問題」と関連づけると相互に理解が深まります。
また、2回以上の切断で切断面が交差するような発展的な切断の問題の対策は夏休み期間に開講する予定です。

お申し込み方法といたしましては、お申し込みフォームまたはメールにてお受けいたします。

_
ページのトップへ