講座のご案内

5年生対象講座

本科講座算数

毎週日曜日 13:30~15:10

進学教室アシストのオリジナルカリキュラムで指導いたします。

受験に必要な基礎事項を6週サイクルの単元学習で指導を行います。

_

SAPIX生対象フォローアップ講座算数

毎週土曜日 15:30~17:10

5年生を迎えると、SAPIXの学習内容も反射的に解ける内容ではなくなってきます。B授業を受け、A授業にて正しく解けるようになるような橋渡しとしての位置づけで、ただ演習解説を行うのではなく、ただ演習解説を行うのではなく、本質をきちんと確認するゼミ形式で授業を進めていきます。

こんなお子さまにオススメ
・復習テストやマンスリーなど範囲のあるテストでは得点できるが、組分けテストなど範囲の広いテストになると得点できなくなる。
・答えの出し方を覚えようとし、式の流れを丸暗記にしてしまいがちな学習になってしまっている。

_

テーマ別講座

進学教室アシストでは、春休み期間、夏休み期間、冬休み期間などを利用し、大手進学塾の数回の導入授業では定着しにくい分野やポイントが掴みにくい分野を2日間から4日間でマスターするテーマ別講座を開講しております。
これまで、5年生を対象とするテーマ別講座として
「規則性」
「割合」
「速さ」
「場合分け」などといった講座を開講いたしました。
2017年度も同様に開講する予定です。

_

予習シリーズ対応講座

毎週月曜日 19:00~20:40

予習シリーズは、四谷大塚のみならず様々な大手進学塾や個人塾でも使われている日本で最も中学受験生に使われている教材です。
元々は自学自習用教材として作成された教材ですが、中学受験生の学習スタイルのほとんどが塾に通うことが前提になっている現在、塾で使う教材という意味合いが強くなっています。
また5年前の改訂によって、1週2単元から1単元になり、負担感が小さくなったように見えますが、学習内容の前倒し化や1週1単元になったことにより、1単元の内容の深さが大きくなり、1週間の中で確実に身につけなければいけないことが、わかりにくくなっているという相談を受けることが多くなりました。
そこで、予習シリーズの難度も上がってくる5年生以降、予習シリーズの各学習単元の概念理解に比重を置いた導入指導を行い、その後の1週間の学習がスムーズに進むような位置づけで、ただ演習解説を行うのではなく、本質をきちんと確認するゼミ形式で開設いたします。

本来、算数は「考える科目」です。公式や解き方を丸暗記して問題を解けるようにする学習は、範囲の定められたテストには有効ですが、入学試験という範囲の無いテストに対応させるには限界があります。

本講座では、無理に全部を完璧にしようとするあまり、「この問題ではこう解く」という暗記型学習にならないように配慮しながら、公式の前に概念や定義をしっかり理解する学習をふまえ、問題に取り組む習慣をつける指導を行ってまいります。

尚、夏期講座の日程・時程については、直接お問い合わせください。

_

春期テーマ別講座「数の性質と規則性」

4/4(土)~4/5(日) 9:00~10:40

「約数・倍数」と「規則性」を融合して考えるトレーニングを行います。
「約数・倍数」は、計算力を上げるためのツールだけではありません。「約数・倍数」は数の概念の根幹となるため、その本質を理解し、多岐にわたり使いこなせないと6年生夏以降に伸び悩む原因のひとつになります。難関校で出題される「整数問題」とカリキュラム学習で行っている「数の性質」「規則性」との関係を、基礎・基本の理解と学習効果のある良問演習で「本質の理解」につなげます。

_
ページのトップへ